Windows10無料リリース(2015 年 7 月 29 日~1年間)の案内がいよいよ始まりました。

皆さんのパソコン右下の通知領域に見慣れないマークが出ていませんか?
現在、アップグレード対応のOSには「Windows 10を入手する」というボタンが表示されていると思います

キャプチャ2
表示されているボタンをクリックすると「予約する」ボタンがあります。

キャプチャ

 

簡単に無料でアップグレードできるようですが、
アップグレードの前に、注意すべき問題が多くあります。

まず、下記のようなことがあるかもしれません。
  • インターネットができない
  • マウスが使えない
  • プリンターなどの周辺機器が使えない
アップグレードの有効期限は1年ありますので、周りの環境が整うまで、しばらく様子を見た方がいいかもしれません。
今の状況を完全に移行できる情報が集まるまでは様子を見た方がいいかもしれません。
以下datsu-systemより引用
———————————-

1)周辺機器、LANカード、無線マウス、プリンターが対応するかどうかの要確認。古い機器だと未対応で切り捨てられるかもしれません。対応予定と告知されていても対応ドライバーが出てくるのに数ヶ月かかる場合もあります。ネットができない、マウスが使えない、プリンターに印刷できないことがあるかもしれません。
2)セキュリティ関係のアップグレード。当方が使っているソフトは10対応に拡張するのに費用が必要です。(まぁ、購入当時影も形もなかった新しいOSですから・・)拡張に出費するより10対応ソフトを買ったほうが安い場合もありそうです。
3)古くから使っているアプリケーションだと動作しなくなる可能性もあります。こちらも対応状況を確認しましょう。たとえば長年使っている年賀状の住所録が読めなくなる可能性だってあります。
4)インターネットブラウザーのIEがなくなります。搭載される新しいブラウザーはEdge。「ActiveX」など、脆弱な古い技術はサポートしないといわれています。たとえば電子入札、ネットバンキング、電子取引なども対応するかどうか確認しましょう。
5)Windows Media Center が削除されます。DVD を視聴するには別途 DVD 再生ソフトウェアが必要です。
6)Windows 7 デスクトップ ガジェットは、Windows 10 のインストール時に削除されます。
7)USB フロッピー ドライブがある場合は、Windows Update または製造元の Web サイトから最新版ドライバーをダウンロードする必要があります。