たまに生徒さんからご質問いただくので、ブログでもご紹介しようかと思いました。
案内文書やブログでの漢字の使いかた、です。

自分で内容を考えると、文章が硬く感じる。
この漢字、変換しなくていいの?!
などの質問をお受けすることがあります。

パソコンやケータイが普及してからは、文字を変換するだけで、むずかしい漢字が簡単に入力できるようになりましたね。読めるけれど、書けない漢字はとくに便利です^^;

ただ、最近は公的文書にしても漢字が少なくなり、柔らかく感じる文書が増えているようです。調べてみたところ、文化庁では「公用文における漢字使用」を定めています。

  • (惜しもなく)(私ども)(偉ぶる)(弱)(少な
  • 許可しないことがある。
  • だれでも利用ができる
  • 次のとおりである。
  • 事故のときは連絡する。
  • ただし   また   ゆえに

など、太字部分はひらがなで表記されます。

いろいろな意見はあるでしょうが、漢字の多用は難解な印象をあたえるので、このような表記ルールを参考にするのもいいかもしれませんね。

担当:重吉